観光バスで自分の好きな曲を流してみた

Written by Joe
AS32bs43318

今回ある理由で、観光バスに乗ることになりました。

AS32bs43318

で、前々から考えてはいたのですが、

「マイク用の端子に音声出力で音楽を流したらどうなるか?」

を実行してみました!!

必要なもの

  • 3.5mm2極ミニフォーンプラグのオス-オスとなっているケーブル
    (何故2極かというと、バスのスピーカーがモノラルしか対応していないため、ステレオプラグである3極プラグだと、どちらかの音が流れないためです。まあ3極でも大丈夫ですが最適化という意味で)
    簡単に言うと、両端がこうなってるやつです↓
    無題
  • ミニプラグを標準サイズに変換するプラグ
    なぜ必要かというと、バスのマイク用プラグは一般に用いられているミニプラグは対応していません。標準サイズのデカいプラグなのです。
    ちなむとこんなやつです↓

31DaDwRx2hL._SL500_AA300_

まあ簡単に言うと持ってる再生機器を標準プラグに変換できればいいのです。そのへんはまあ自力で。

 

方法とか

まず、マイク用端子の場所ですが、「ガイドが立つ前の方」と「一番後ろの席のちょっと前の席の周辺」にあります。

ジャックの場所は、冷暖房の吹き出し口や読書灯などがついているパネルの近くにあるはずです。

基本的にバスのエンジンが入っていれば音はなるはずです。

動作確認:共同観光のバス

分からない事がある?質問しよう!