MDR-XB950BTのために誕生したと言っても過言ではないヘッドホンケースはこれです

Written by Joe

オーディオの世界は深く広いもので、その中でもヘッドホンというジャンルについて考えてみましょう。

高級ヘッドホンともなると価格は6桁にゆうに届きます。しかし、そのような超高級ヘッドホンでなくとも、1万円以上するヘッドホンというだけで、オーディオを趣味としない普通の人にとっては高級であるという場合がほとんどです。

ヘッドホンのケース

恐らく2,3万円あたりから、ヘッドホンの中でも「専用ケース」が付属するモデルがちらほらし始めるでしょう。

しかし、それ以下のモデルでもケースに入れて大切に保管したい!

MDR-XB950BTをケースに入れたい

私が愛用している、低音に特化したSONYのワイヤレスヘッドホンであるMDR-XB950BTは、せいぜい13,000円程です。まあしかし、その価格が高いか安いかは関係なく、このヘッドホンを大切に使いたいということがあるので、今回ヘッドホンケースを購入してみました。

Geekria EJB5401 は最高

さて、結論から言うと、私が購入したEJB5401というヘッドホンケースが最高です。

私は、ブラック/ブラックを購入しましたが、ブラック/オレンジブラック/ホワイトベージュ/ブラックブラウン/オレンジなどがあります。

※AmazonのPC版のウェブページですと、色の選択肢が表示されない場合がありますので、こちらに予め現状で選択可能な色の選択肢のリンクを貼らせていただきます。モバイル端末でのアクセスをお薦めいたします。
※グレー/ブラックは法外な価格でしたので除外させていただきました。

こちらがそのEJB5401。見た目は至ってシンプルで、側面とトップにストラップホールがあるのみ。ファスナーにはブランドロゴが書かれたラバーの加工がされています。

強度に関して、10kgの鉄アレイを面に乗せてみましたが、多少へこみます。しかし、これで中のヘッドホンが破損するかというと微妙でしょう。

この製品に関して一番驚いたのが、付属品の多さです。本体には、ヘッドバンドをホールドする突起および小物が入るポケットが付属しています。

どちらもマジックテープですのでケース内での移動は自由自在です。

また、MDR-XB950BTがギリッギリピッタリ入る人工皮革の巾着袋、Geekriaのロゴ入りのストラップが付属します。

MDR-XB950BTを実際に入れてみました。

非常にピッタリで、ファスナーを閉める際にファスナーが本体にこすれてしまうのでは、といった懸念をしておりましたが、そのようなことは一切なし。

また付属のホールダーと小物入れのお陰で、中でのガタつきも最小限に抑えられています。

非常に素晴らしいですね。最高の一言です。

結論:MDR-XB950BTには、EJB5401が最高

この一言です。

再度申し上げますが、同製品のグレーカラーは記事執筆時点で15,000円以上と、法外な価格となっております。間違えて注文しないようにご注意下さい。

 

Parrot Zik, Bose QC3, QC2, QC25, QC15, AE2w, AE2i, AE2, TP-1, OE, OE2, OE2i, On-Ear, Grado SR60, SR80, AKG, ATH, JBL, SONY MDR-ZX750 ヘッドホンキャリングケース / バッグ、ケーブル、 AMP、部品および付属品を収容する余地がある / Headphone Full Size Hard Carrying Case
Geekria
売り上げランキング: 47,816

分からない事がある?質問しよう!