スマートにコーヒーを楽しむために、砂糖をやめて人工甘味料を使おう

Written by Joe
dsc01309

 

以前別の記事で、人工甘味料はがぶ飲みしても全く問題がないと言いました。

ゼロカロリー飲料がいかに安全で、ガブ飲みするに適しているかをお教えしましょう

人工甘味料に関するメリットは、そう、今オフィスでこの記事を読んでいるあなたの手元の、コーヒーにも言えることなのですよ。

人工甘味料タブレット

多くの人はコーヒーに甘みがほしいと考えた場合、もしくは紅茶でも構いませんが、シュガースティックをちぎって砂糖を入れているでしょう。

サッカリンという選択肢

先ほど紹介した記事を読んで頂ければわかると思うのですが、ゼロカロリー飲料を選ばない理由はありません(味の好み意外には)。

そしてそのゼロカロリーの恩恵はコーヒーへの甘味料でも受けることが出来ます。

実は、人工甘味料であるサッカリンのタブレットタイプがあるのですが、それをシュガ―スティックの代わりに用いる事ができます。

ノンカロリー甘味料 エルメスタ・オリジナル 300粒 - Amazon

美味しいんですか?

自宅でこだわりあるコーヒーを楽しむ根っからのコーヒー愛好家は、恐らく砂糖のブランドにもこだわりを持っていて、どこぞのサッカリンなんてものはあまり試そうとは思わないと思います。

ですが、オフィスで寝ぼけた顔を更新するために毎日二杯飲むコーヒーなんぞにこだわりもクソも無いでしょう。

結論から言うとまずくはないです。

このタブレットは、一粒がフリスクの3分の一ほどのサイズで、最初飲んだ時はよく混ぜれずに飲むことになってしまいました。なので、最後に強烈な甘味が襲ってきたため、若干クセのある甘みを感じました。

しかし、以降よく混ぜることをすれば、全く嫌な甘みではありません。

まあ人には人の好みがありますが、多くの人が気に入ると思いますよ。

明日からはサッカリン

シュガー1本で12キロカロリー。サッカリン300粒で3600キロカロリーの解消です。さあ、今すぐAmazonプライムお急ぎ便で注文して、スマートなコーヒー飲みの仲間入りをしましょう。

ノンカロリー甘味料 エルメスタ・オリジナル 300粒
エルメスタ
売り上げランキング: 25,948

分からない事がある?質問しよう!