足の小指を骨折したら想像以上に色々面倒だった

Written by Joe
DSC01597

Photo by Azapedia

大怪我とは無縁の人生だと思って生活してきましたが、ロードバイクに乗っておいてそりゃあないですよね。さて、ロードバイクとは全く関係のない場面で足の小指を骨折しました。

足の小指を骨折した

漫画では、朝寝ぼけてなにかすると、大抵よろけて頭をぶつけますよね。事件は朝発生しました。

ことの成り行き

昨日五日から、部屋のリフォームをしておりました。家具の配置を変え、PC周りの配線を綺麗にし、それはもううまくいきましたよ。綺麗に整理された部屋になりました。

その翌日の朝、置きて直後、朦朧としている時です。服のタンスを見てみると、別の家具に干渉してしまい引き出しを全開にすることが出来なくなってしまっていました。これではいけない、と考え、ポテチを食べた後のスマホの画面のようなその寝ぼけ頭で干渉している家具をどかそうとしたんですよ。そしたら奴が現れました。

その家具を傾けた時、完全に存在を忘れられていた質量10kgのダンベル君が、万有引力に従い、静止摩擦係数を完全に無視し、僕の右足の可愛い可愛いピンキーちゃんを大型トラックが軽自動車を捻り潰すように踏み潰して行きました。

直後

文章では書き表せないうめき声を上げるとともに、瞬発的に大きな、連続してミドル級の痛みが襲ってきました。同時にとてつもない怒りを覚え、ダンベルでダンベルを殴りました。

右足をかばいながらソファに倒れこみ、1分ほど経過すると今度は吐き気が襲ってきました。寝起きで空腹だから良かったのですが、きっと胃に物が入っていたらあの時吐いていました。本当に。

キマる

また、人間大きな痛みを感じると脳内麻薬とよばれるものが脳内で生成されます。それの影響かどうか、とにかく笑いが止まらないです。

痛みが伴った時に同時に笑いも伴います。今でも思いだしたら面白くてたまらなくなってきました。文章は冷静ですが笑っています。

大麻やってる時ってこんな感じなんだろうな、と思ってしまいます。意味なく面白い、楽しくて仕方がない。

無題

Photo by SI-Instability.com
Illustrations by いらすとや

具体的に

人間の足の指は、2つの関節と3つの指からできていますが、僕はそれらのうち最も先端のもの、末節骨と呼ばれる骨を骨折しました。

どれくらいで治癒できるのかと聞いた所、順調に回復して3ヶ月はかかるとのことです。また、完治していない状態で意図しない力が加わると、再び骨がずれてしまい、いわば「こじらせて」しまうとのこと。

ちなみに、十数センチの高さから僕を踏みにじったダンベルはその時秒速1.4m(時速5km)でした。恐ろしいですね。

思いの外面倒くさかった

僕は今まで骨折をしたことがないのですが、骨折ってこれがまた色々と面倒くさいんですよね。

立てない・歩けない

人間の脚はロボットと違って細かい筋肉で体のバランスを見事に保っているのですが、それの一番エッジにある小指が使用できないとなると、かなり歩きづらいんですよね。歩くどころか気をつけの体制で直立することもむづかしい。痛みを我慢しても、骨がずれてしまうのでいけません。

歩くにも、中指・薬指・小指をテープで固定しているので使えるのは人差し指と親指、それらをかかとと結んだ三角形。この部分に普段の2倍以上の重量がかかることになります。

また、普通に歩くと、指たちが地面をグリップしようとするので、これも骨がずれる原因となってしまいます。常時びっこを引いた状態で歩行しなくてはなりません。

靴下・靴がはけない

一般的に靴下や靴はゆるゆるではなくそれなりに脚を締め付け固定するものだと思います。しかしそれらはか弱い小指にとっては脅威でしかありません。

骨がずれる云々以前に、痛みで履けないです。ビーチサンダルを履くことになりそうです、夏でよかった…

自転車も乗れない

もし靴をはくことに成功した場合自転車にのることは可能ではあるのですが、よろめいて足をついた瞬間、そこから3ヶ月のボーナスタイムが始まります。

本当に健康は大切

ちょっとした風邪をひくたびにも思っているのですが、今回再びそう思わせられました。

まだ骨折した直後なので痛みなどが酷いのかもしれませんが、少なくとも骨折すると最初はブルーな日々が続くよ、ということです。

なのでみなさん、これから人生のメモ帳に「リフォームをするときはダンベルに注意」と追加しておいて下さい。

追記

骨折してから一週間が経過しようとしています。初日に比べればかなり痛みは引いてまりましたが、やはりまだ指を曲げる・ふんばる等の動作は不可能です。確実に、運動は無理そうですね。

頑張れば靴も履けるくらいの段階にはなってきていますが、やはりキツイ靴は禁物。本当に、骨折したのが夏でよかった・・・

分からない事がある?質問しよう!