地球上で最もシンプルかつ最もクールな水筒は、絶対にSIGGのトラベラーである

Written by Joe
DSC01531

Photo by Azapedia

自分がつかうモノにはどんなくだらないものでもこだわりを持っていたい、そんな粋な考えのみなさんにおすすめしたい水筒があります。

SIGG – トラベラー

1908年、スイスにて、当時新しい金属素材であったアルミニウムに目をつけた金属加工会社「SIGG」が創設されます。以降アルミ製の燃料タンクやボトルで人々を魅了してきました。

そのSIGGは、もちろん、現在もボトルを製造し続けています。その筆頭とも言えるモデルが「トラベラー」。

製造方法がクール

このトラベラーの製造方法は至ってシンプル。99.5%の純度を誇るアルミプレートをプレス加工するだけ。

この良さが分かるでしょうか?ナントカ機能やれ、保温のための断熱材やれ、そんなものは一切入り込む余地がありません。ただのアルミ板を押しつぶしただけのモノ。

この絶対譲らない、元祖といえるレベルの素材そのままの圧倒的シンプルさ、最高にクールです。

信頼性が凄い

先述した製造方法からもわかりますが、本体はつなぎ目など一切ない完全にシームレスな物です。それ故、圧倒的な強度を誇っています。

また、標準で付属しているキャップは、炭酸水の炭酸ガスすら逃さないと本社ホームページに記載されているだけのことはあり、尋常じゃないほどの密封性があります。

また、内部は金属特有の匂いがついてしまわないように特殊なコーティングがなされており、ボトルが変形してもそれが剥がれることはありません。実際、使用している限りでは気になる匂いはありません。おいしい水を頂いております。

デザインがイケてる

どんな誰がどこからどう見ても「ボトルだ」とわかる、外観にもほぼ無駄が無い、アルミボトルの完成形のようなデザインをしています。

DSC01534

DSC01529

DSC01523

どうでしょう、この見飽きないデザイン。

まあ見た目も含め、この水筒はほしい物リストに入れておくだけの価値は絶対にある水筒だと思います。

また、容量が0.6Lのものを選択すれば、どんなペットボトルも大概は入りますし、ちょうどよいサイズなのでおすすめです。

とくに、カラーバリエーションの中では、塗装を施していないアルミカラーをおすすめします。金属感が凄いです。

SIGG – 公式サイト:http://www.sigg-jp.com/

 

分からない事がある?質問しよう!