Nexus5Xのフィーリング、及びGoogle公式のNexus5X専用ケースの注意点など

Written by Joe
DSC01081

世の中にはスマートフォンがたくさんあります、多くの会社が多くのモデルを発表しています。その中でも世界的なシェアを誇るAndroid搭載スマートフォン。これらAndroid端末をリードする代表的なシリーズがNexusシリーズです。

そのNexusシリーズの最新端末の1つである「Nexus5X」を購入するに至りました。また、それに合わせアクセサリーも購入しましたので、それらのレビューをいたしましょう。

Nexus5X

外観やデザインは有名となってしまいました。なので、実使用に際してのフィーリングを紹介します。

指紋認証の精度

これは信頼できるレベルです。Nexus Imprintと称されたこの指紋認証式ロック解除、5つの指を登録することが可能です。僕の場合ですと、「右手の親指・人差し指・中指」「左手の人差し指・中指」といった使い方ができます。

指紋登録の時にしっかりと指全体を登録しないと、あまりうまくいかないことがあるようです。少しでも、データにない指紋パターンが入ってしまうと(つまり登録しているはずの指でも、登録されてない範囲をあててしまうと)ロックが解除できないことがあります。これはつまり、ロックの強固さを示していると捉えられるでしょう。

また登録していない指をあてるなど、5回間違えるとその時点で指紋によるロック解除はできなくなります。

スピーカー

Nexus5Xは上下に、スピーカーに見えるユニットを装備しています。私は最初、この二つあるモノはスピーカーであり、Youtubeなどを見るときに、所謂「最高のサラウンド体験」ができるんだな、と勘違いをしていました。しかしこれは間違いでした。

Nexus5XはGooglePlayStoreのスペック表にもある通り残念ながらシングルスピーカーです。むかって上側のユニットは通話時のスピーカーなのでしょう。メディアの再生に使えるスピーカーは、1つのみでした。

画面の色合い

DSC01088

私は今まで、Xperiaシリーズの端末を使用したことがありますが、どうもエッジがかかった寒色系に感じる画面の表示が気に入りませんでした。どちらかというと、Nexus5のような暖色系に感じる、温かみのある画面の方が好きでした。

しかし、Nexus5ですとむしろ黄色みがかりが強すぎるようにも感じていました。そういった中で、Nexus5Xの画面の雰囲気はとても僕の好みにマッチしているベストなものでした。

また、涼しげな画面より温かみのある画面の方が、マテリアルデザインの準拠した最新のAndroidOSのデザインとも相性が良いでしょう。Android4代以前のようなサイバーなデザインですとまた変わってきたのでしょうけども。

AndroidOSとの相性が抜群

これは、Nexusシリーズ全般に言えることですが、とても大切なことです。

やはり完全にカスタマイズのされていないプレーンなAndroidと、それに沿うように設計されたハードウェア、ソフトとハードを同じ会社が作っているということでiPhoneに匹敵する、むしろそれ以上の快適性が得られます。

処理速度の速さなど、そういった意味とは全く違った「ストレスフリー」を味わうことができる、この魅力のためにNexusシリーズを買い求めるユーザーは少なくないはずです。

USB Type-C

これはスマートフォン業界の中でも最も大変な革新の一つになるでしょう。充電端子の規格が変わりました。

このType-Cには転送速度や対応するデータ量などのさらなる改善がなされましたが、やはり最も衝撃的であったのが「表裏がなくなった」ということでしょう。つまり、永遠に、USBを何度もひっくり返して刺そうとするという茶番から開放されたのです。

表裏を気にしないで違和感なく挿せる、ということに違和感を感じます。とても便利です。夜寝る際、タイマーをセットして寝ぼけた顔でUSBを挿す時も、気にしなくてはならないことが一つ減りました。

しかし、注意し無くてはならない点が、付属品にあります。Nexus5Xは以下の二つが付属しています。

・Type-C --- Type-C 形状のUSBケーブル
・コンセント --- Type-C 変換のACアダプタ

つまり、お使いのPCがType-C搭載のMacBookなどでない限りは、PCなどと接続する際には別売りのケーブルが必要になります。私は以下のケーブルを購入しました。

なにか、一般的なUSBに挿せる形の変換ケーブルを用意しておくと良いでしょう。もしくは、以下の様な製品もあります。私はこちらも購入しました。

Google公式Nexus5X専用ケース

では、今度はケースの話をしましょう。Nexus5X専用の、GooglePlayで販売されいるケースを購入しました。

Nexus 5X ケース - Googleストア

外観

DSC01085

こちらは全体の外観になります。

DSC01091

背面のユニットがちょうど露出するように、最適な寸法で穴が開いています。本体背面が露出することはなく、相当なことがない限りは絶対傷がつかないでしょう。

DSC01081

指紋やフラッシュなどはある程度の厚みで守られています。カメラ・レンズはさらに厚く盛られていて、こちらも傷はつかないでしょう。

DSC01092

背面には幾何学的な模様とNexusロゴが。背面部は公式ではPU マイクロファイバーと表記されています、人工的な布のような触り心地です。これがホントの「マテリアルデザイン」でしょうかね。触っていて不快感などは全くありません。

DSC01090

充電及びイヤホンの端子は、それなりに太めのケーブルでも刺さるよう余裕のあるスペースが構えられています。

全体的な感想としては、完全に5X向けのデザインなので持ちやすく、ボタンもカバーされ、快適性が半端ではないというところです。

注意点:ガラスフィルムには気をつけろ

しかし、これは、ガラスフィルムとは相性が悪かったようです。私はSpigen社製ガラスフィルムを装着していますが、干渉し浮きが出来てしまいました。厚みのないプラスチックフィルムなどでは事情が変わっていたかもしれません。

DSC01100

このように、気泡のような浮きが出来てしまっていました。

総評

Nexus5Xは素晴らしく感触の良い端末です。万人を満足させる素質を持っているでしょう。

ただ、専用ケースは、ガラスフィルム使用者には微妙です。僕の場合はうまく運用出来ていますが、ガラスフィルムの貼り方などによりどう剥がれるか、どう干渉するかわかりません。Spigen社製フィルムの方はSpigen社製ケースを用いる、などの絶対安全策をおすすめします。

ただ、完全に覆ってくれるという点では素晴らしく、これをつかていれば基本的に大切な端末を傷つけることは無いでしょう。あとは、フィルムの問題です。

分からない事がある?質問しよう!