だれにでも当てはまる、初心者が最初に買うべきロードバイクの価格

Written by Joe
14179954754_5e39f060a6_b

昨今の自転車ブーム、スーツ店では自転車通学に適した伸縮性のスーツまで販売されるようになってきました。そういったブームの中、街中で見つけたロードバイクに興味を持ち、購入してみようと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな、ロードバイクを初めてみようと考えている初心者の方が購入するべきロードバイクの価格帯をご紹介しましょう。

photo credit: My Road Bike via photopin (license)

15万円以上のロードバイクを買うべき

僕はまさに車体価格にして15万円のロードバイクを購入しました。それ以降一年近く乗っていますが、最終的にこの結論になりました。

最低限戦えるパーツが装備されている

これは、ある程度自転車競技に参加しようと考えている人にはかなり大きなメリットとなるでしょう。基本的にはコンポーネントになります。

コンポーネントとは、ブレーキレバーやシフトワイヤー、チェーンからディレイラーなど、「バイクをコントローする」パーツ群です。またこれらには代表的なメーカーが幾つかあり、各社価格帯ごとにグレードを分けています。

SHIMANOを例にしましょう、ロードバイクに搭載されているコンポーネントとして低価格なものから順に、

SORA、Tiagra、105、Ultegra、Dura-Ace

と言われています。そして、そのうち「最低限レースで戦えるグレード」というのは一般的に105以上と言われています。(個人差があります)

実際、僕はClaris(SORAより低価格のもの)、105、Ultegraを使用したことがありますが、まず変速のフィーリングにはっきりとした違いがあります。変速の滑らかさがある、現在の速度に合わせた最適なギアの段数が選択できる、などです。他にも、耐久性などの違いがあります。

さて、話を戻します。大体15万円のロードバイクを購入すれば、コンポーネントがSHIMANOの場合105が装備されています。今の105はギアの段数が22段に拡張され、上級のニモデルと同じです。例として、メーカー希望小売価格が15万円に設定されていたSpecialiedのALLEZ DSW SLでは105が搭載されています。

重量が比較的軽い

まずこの価格帯のロードバイクであれば、フレームの素材はアルミニウムになるでしょう。CannondaleのCAAD8 105は175,000のバイクですが、個人の方による計測ですとおよそ9.6kgとのことです。

前後のホイールが合計3.5〜3.6kgでしたので、ペダル込みで約9.6kgというところでしょうか。
別売りで付けたペダルを外せば-0.3kg、さらに付属の反射板を外せば-0.1kgと考えると、カタログスペックは9.2kg相当でしょうか。

life.log.1

本格的なロードバイクの入り口として10kg以下といわれている中、基本的にこの価格帯のロードバイクを購入しておけば問題無いでしょう。

1kg自転車を軽くするなら1kg痩せればいいなんて意見もあるようなのですが、軽い自転車に重い体重でトルクをかけるほうが、重い自転車に軽い体重でトルクを掛けるより断然良いことなどは少し考えれば自ずと明らかになるでしょう。

今後強化していくに値するフレーム

この価格帯は重量やスペック、そして価格相応それなりのデザインをしています。気に入ったデザインのバイクをしっかり選べば、ホイールやタイヤ、バーテープやハンドルなどのパーツを今後強化していっても申し分ないでしょう。

むしろ、変に高価格なフレームはカラフルでスポーティーすぎるデザインをしているなんてこともあるかもしれません。

つまり、十分戦えるバイクであるというから

フォーミュラカーには匹敵しません。ですが、ミドルクラスのスポーツカークラスのスペックはあるということです。それなりのスポーツカーでも、運転の技量などでは高価なスポーツカーと対等に走れるでしょう。カスタマイズも、ミドルクラスの車のほうが伸びしろがあって楽しいです。そしてロードバイクも同じです。

それに、脚を強化すれば高価なロードバイクユーザーにも歯が立ちます。僕の感触では、これを買っておけば、5年は大丈夫だろうな、という感想です。

普段乗り志向の人でもこのような自転車を買うべきなの?

結論から言うと、なるべくそうした方がいいでしょう。低価格で、それほどスペックも高くないロードバイクを、ロードバイクに強い思い入れのない人が購入するとどうなるでしょう。おそらくメンテナンスもあまりせず、雨に濡れ朽ちていくと思います。僕の友人がそうでした。

普段乗り志向の人だからこそ、速くて軽くて、愛せる自転車が向いているのです。コンビニに行くのにランボルギーニ、贅沢で良いじゃありませんか。

お金がなくてもなるべく。

正直はじめてのロードバイク、趣味として続くかすらわからないのにそんな高価なものが買えるか、と思うかもしれません。しかし、中途半端なバイクを買えば絶対続きません。それなりのスペックも適度で気に入るバイクを買ったほうが絶対に続きます。脚力をつけるという意味でも始めてからかなりの間はそのバイクで戦えるでしょう。安物買いの銭失い、と言ったら聞こえが悪いですがまさにそれです。

もちろん、自転車にかけるお金がある人は可能な限り良いものを買いましょう。そういう意味での15万円「以上」なのです。高価なコンポーネント、軽量なフレーム、高速巡航をサポートするエアロデザインはかけた値段だけ報いてくれるでしょう。

初心者で高価なバイクに乗っていて遅い、と言うのは格好わるいなんて事を言う人間がいるようです。ですが誰が何を買い何に乗ろうがその人の自由でしょう。

それでは、良いロードバイクライフを!

ロードバイクオールカタログ2016 (エイムック)
エイ出版社 (2015-12-28)
売り上げランキング: 4,627

分からない事がある?質問しよう!