MVNOのプランを見る限り、スマホヘビーユーザーは3キャリアと契約してはいけない

Written by Joe
2679467496_9813b822d9_b

スマートフォンの月額料金・本体代金は、これからも人々の悩みの種の一つでありつづけるでしょう。しかし、そんな曲者を「いかに安く、コスパを良く抑えるか」と検討し挑戦すれば、それらを遥かに安く抑えることができます。

photo credit: SIM via photopin (license)

モバイル通信を10GB以上したい

昨今、スマートフォンの高性能化や、タブレット・ノートPCの利用の増加が見られます。そしてそれらを快適に使いこなすには、やはりネット接続が必要でしょう。ですが、リマインダー・ファイルの同期や容量の大きいPC向けサイトの閲覧、動画や音楽などのオンラインコンテンツを楽しんでいると、たくさんの通信量を必要としてしまいます。

7GBでは絶対に足りない

参考に、僕のUQ WiMAXでの11月の通信量を見てみますと、108,897,726パケットになります。「パケット数×0.00000012=おおよその通信量」ですので、先月の僕の通信量は約13GBになります。また、可能な限り通信をするとどれくらいになるか、を試したところ一月で約26GBの通信をしました。

使用イメージは、スマートフォン端末二台を常時使用し、同期系や位置情報は全てオン、動画は最高画質設定で時々閲覧、ブラウザの使用時間がとても長く、アプリケーションは時々ダウンロードする程度です。また時々知人にWi-Fi接続を貸したり、ノートPCを使用したりします。

僕の使用イメージからも分かるように、スマートフォンの持てる機能と性能、サービスを最大限に活かして、ユーザーにストレスなく使用するにはおそらく7GBでは足りません。

3キャリアは高すぎる

ただ、7GB以上のプランを契約しようとすると、docomo、au、softbankでは高すぎます。

例として、docomoでXperiaZ5に機種変更し、容量10GBを確保しようとした場合10,000円はゆうに超えてしまいます。

docomo料金シミュレーター:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/

また、代表キャリアの一つY!mobileは低価格で知られていますが、Nexus5X(32GB)モデルをスマホプランL(最高の7GB)でMNPにて契約した場合でも6500円かかります。月額料金としてみては魅力的に見えますが7GBしか使えないので選択肢としてはふさわしくないでしょう。

Nexus5X料金シミュレーター:http://www.ymobile.jp/lineup/nexus5x/index.html

MVNOは安いのか

結論から言うと、どういった容量でも安いのですが、今回は10GB以上で考えてみます。先ほどの料金は機種代金込みで考えていましたので、今回は通信にかかる料金のみで考えてみましょう。

10GBの場合、まずドコモを検討してみますと、通信量だけで12000円/月以上します。先ほどの料金シミュレーターで計算、端末料金一括払いでシェアパック10GBの場合です。

ですが、MVNO、例としてDMMmobileの場合で考えてみましょう。

公式の料金表を参照しますと、通話プラン、10GB/月のプランで2950円/月です。ただし、SMS機能を追加するには150円/月、通話で20円/30秒の料金がかかってしまうので注意です。

その他、DMMmobileだと15GB、20GB使えるプランでは業界最安を謳っています。

他にも、我々にはBIGLOBE SIMという選択肢があります。10GBでは若干少ないんだけど、DMMのように15GBもいらないんですよね、というユーザーは多いのではないでしょうか?少なくとも僕がそうです。

そういったユーザーに応えるかのように、BIGLOBESIMでは「12GBプラン」を展開しています。公式の料金表にありますように、月額3400円になっています。DMMmobileの15GBより1800円ほど安いので、十分選択肢に入るでしょう。

また、もう一つのMVNOの例として、有力な候補を見てみましょう。FREETELです。

FREETELは、自社のMVNOプランを「使った分だけ安心プラン」というのに統一しており、公式の料金表にもあるように、0~10GBで999円~3170円/月となっています。10GB利用時は一般的なSIMや先ほどのDMMに比べても数百円程度の差なので、「大要領契約を結んでもそんなに使うかわからない」という人にとっては最高の選択肢かもしれません。

結論すると

10GB、15GB、20GBを契約するなら業界最安のDMMmobile。

微妙しかしありがたい通信量12GBを契約するならBIGLOBE。

10GBも使うかわからないよ、という人はFREETEL。

ということになります。FREETELは魅力的な端末も発売され始めていて、個人的には好きですけども。またDMMは請求額の10%をDMMポイントとして受け取れるとのこと。

その他、複数SIMOKやデータのみの運用など、いろいろ考えられます。あなたも携帯料金を見なおして、請求額をスマートにしましょう?

分からない事がある?質問しよう!