やらなきゃならない事や仕事がなかなかできない時は「タスク管理」がおすすめ

Written by Joe
2490612774_efda40895e_b

ある程度、やっておかなくてはならないことを終えて趣味に時間を使っていたら、夜になって「ああ、あれもやらなくちゃならないんだ!」と思い出してしまうことってありませんか?

photo credit: Rolling Stones and Shakespeare badges plus push pins – Corkboard DoF via photopin (license)

タスク管理

そんな事は誰にでもあることでしょう、と考えていたらどうもそうでもないらしいのです。このようになってしまわない人、そう、何かしらの方法でタスク管理をしていて「僕は何をしなくてはならない」というのを把握している人は違うようなのです。

時間効率がかなり上がる

やるべき事、趣味、やるべき事、ぐうたら、仕事…というように過ごしていたのでは、合間合間の時間がとても無駄になってしまいます。

人生、自由に使える時間はだいたい40年かそれ以下のようなので、時間は無駄にしたくありません。

いざタスク管理・把握するために

いろいろな管理の方法、やりかたがあると思います。「この日までにコレをし無くてはならない」というのをすべてまとめるという方法や、それを使いさらに「今日は何をする」とまとめるのを毎朝し、所謂「ToDoリスト」というものに記録しておく方法も。億劫な人はさらに方法を模索してみてもいいかもしれません。

また、ツールにも色々有ります。

ツールなんてどうでもいい、自分次第である、という方は、ちょっとした付箋をデスクトップに貼っておいたり、パソコン・スマートフォンのメモ帳程度でも十分かもしれません。

またコルクボードなどを自部屋に用意していろいろと貼り付けておくのも、楽しいかもしれませんね。

スマートフォン向けアプリでは「Wunderlist: To-Do List & Tasks」というものが有ります。こちらはPCでも対応していて、同期できるようになっていて便利です。(Android・iOS

 

きっと、タスクの管理と把握でいろいろと、かなり捗ると思います。

限られた時間を大切に過ごすことができればいいですね。

分からない事がある?質問しよう!