「WP No Category Base」を削除する時、全記事404エラーにならない簡単な削除方法と応急処置

Written by Joe
plugins-wordpress

WP No Category Base

WordPressのカテゴリーページは、デフォルトで「sample.com/category/name」となるように設定されており、また、この文字列の変更は可能ですが文字列自体をなくすことは、標準機能では出来ません。

そこで、その「カテゴリーベース」と呼ばれる文字列を消すため、一般的によく利用されているプラグインの1つに「WP No Category Base」というものがあります。

プラグインページ:https://wordpress.org/plugins/wp-no-category-base/

ですが、コレがとんでもない地雷プラグインでした。

URLの見た目も考え、プラグインを停止することに

どうやら、みんなこぞってカテゴリーベースをURLから削除するのは、SEO対策という理由があるそうです。そして、僕も同じくSEOから見て良くなるのならやろう!と思い、プラグインを導入していました。

しかし、そうして使っていると、「ユーザーから見たらURLも格好悪くないだろうか?」ということに気付きました。もちろん、個人で意見も異なると思いますが、カテゴリページなら「/category/」で統一されていたほうが見た目もいいです。

そこで、いざ同プラグインを停止、削除してみると・・・

全記事404エラーに

削除して、ブログトップに戻り何気なく記事を閲覧しようとすると・・・

「404 Page Not Found」

あれ???どうした???どの記事を見ても404エラーだぞ???

プラグインはうかつにアンインストールするものではないですね・・・この時は泣きそうになりました。

応急処置

とりあえず、再び「WP No Category Base」をインストールしました。

すると、記事が404担ってしまう症状は一時的に改善されました。

ですが、カテゴリーページのURLもかわりませんし、所詮は応急処置です。

WP No Category Baseの、エラーにならない削除方法

調べてみて実行してみてわかったのですが、思った以上に簡単な方法で治りますね。

まず、WP No Category Baseを削除する

wpnc1

まずは、このプラグインを削除しましょう。

wpnc6

再びエラーになるかも知れず少し不安ですね。。。

念のため記事ページを確認

wpnc5

このように、404エラーになっています。

パーマリンクの設定を開く

ブログのダッシュボードから、設定、パーマリンクの設定を開いて下さい。

カテゴリースラッグの設定はそのままで、変更を保存

wpnc4

私は、特に何も変更していなかったので、上のような設定内容です。

この時、「category → topics」などの変更をしたら失敗するかなどは試していませんが、そのままの設定にするのが無難でしょう。

変更を保存、をクリックします。

記事も表示され、カテゴリページも正しく表示される

wpnc3

記事は正しく表示されるようになりました。

wpnc2

また、カテゴリページのURLも思ったとおりになってくれました。

以上です。お疲れ様でした!

まとめ

  1. WP No Category Baseは、削除の時に発動する地雷プラグインである
  2. 再びインストールすれば、記事の404は治る
  3. 削除するにしても、削除してパーマリンクの設定を更新すれば大丈夫。

ちなみにですが、このプラグインは作られてから2年間更新がないようですね。

プラグインを入れるときは、そういったところを見てみても参考になるかもしれませんね。

分からない事がある?質問しよう!