仕事にも学校にも!収納能力「最強」便利なビジネストートバッグ「SL-83」ガジェットも雑誌も弁当箱も

Written by Joe
IMG_20141116_112526

ビジネストートバッグ「SL-83」

物にこだわることは大切ですよね。私も、そういう「こだわる」ことは大好きなのですが、そんなこだわりを大切にする精神から生まれた「Startts」という会社のビジネスバッグを購入してみました。

Starttsとは

お客様に愛される、本当に良いものを作りたい。

STARTTS(スターツ)はそんな強い思いを持った人間が集まり、新しい価値を目指したモノづくりを行っています。

数十年の間、機能的なカジュアルバッグ、ビジネスバッグ、使い勝手の良い文具雑貨、コスメ製品および生活雑貨の企画、製造、販売を手掛けてきたノウハウを生かし、2012年から新たなブランドとしてスタートしました。

IMG_20141116_112641

そんな、Starttsのこだわりが詰まったカバンの1つである「ビジネスキャリーオントート」を今回購入しました。期待通り、いやそれ以上の品物だったのでレビューさせていただきます。

ポケットがとても多い

容量が公称で16リットルのこのカバンは、メインスペースも含めると12個のポケットが有ります。

また、それぞれ「携帯電話用」「タブレット用」などと分かれているものもあり、ガジェットを多く所有する人やビジネスマンに向けて作られたことがよくわかります。

右手前ゾーン、左奥ゾーン、メインポケットゾーン、その他、に分けて紹介させていただきます。

スマホなどが入る右手前面のポケット

まずは、一番外側に当たる部分。

IMG_20141116_112730

この最も外側のスモールポケット(上画像)は、少々かさばるものも入るようにマチがあり、野球ボール位なら大丈夫程度の大きさ。メーカーの想定としては、ガムやサプリメント等が入るところとのこと。

IMG_20141116_112811

では右手前ポケット、中身を見てみましょう。奥から、携帯電話、モバイルバッテリー、その上に充電ケーブル、そしてペンが入るようになっています。

奥の携帯電話ポケットですが、これは最近流行りの5インチスマホなどは入らず、入ってもiPhone4sくらいのサイズのものでしょう。

実際入れてみた様子がコチラ。

IMG_20141116_112908

携帯電話ポケットには、WiMAX2+のルーター(HWD14)が最適なサイズでしたのでそちらを入れてみました。

また、僕が持っているモバイルバッテリーはSONYの10000mAhのものでしたが、背が高すぎてケーブルをまとめるテープに干渉してしまい、ケーブルは収納できませんでした。

ソニーの大容量モバイルバッテリーCP-F10LSAVPレビュー

IMG_20141116_112938

このような、鞄のマチを利用したペン入れもあるのですが、こちらは実際はあまり使わなそうです。

何でも入る左サブポケットゾーン

電子辞書に書籍、7インチサイズのタブレットまで、何でも入りそうな左側のポケットです。

IMG_20141116_113025

左側の一番外側のポケットは、チャックなどはついておらず、すぐに取り出したりできるようになっています。定期や音楽プレーヤーを入れるのに適していますね。

IMG_20141116_113112

7インチサイズのNexus7 2013を入れてみました。コレでもかなり余裕はあり、文庫本くらいは余裕だと思われます。

IMG_20141116_113145

中は特に小分けなどはされておらず、相変わらずマチを利用したポケットが有ります。こちらは「乾電池」が入るとのこと。

このポケット自体は、ノートパソコンのACアダプタなどを入れたりするのに最適ですね。

その他ゾーン

メインでもサブでもない、こんなところにも収納を作ってしまう!?Starttsのこだわりが見えたりする部分です。

IMG_20141116_113319

カバン手前には、500mlペットボトルがちょうどよく収まるポケットが有ります。ドクターペッパーは美味しいですね。

ゲロマズ飲料「ドクターペッパー」は3回飲むとハマるらしいので5回飲んだ結果

IMG_20141116_113356

また、ペットボトルとはちょうど正反対の側にあるのが、折り畳み傘ケース。

こちらは頑張ればペットボトルも入れられるかなくらいの大きさで、しっかり傘を固定してくれます。ただ、取り出すときに、ショルダーのベルトを取り付ける輪っかに、傘の端っこが引っかかってしまうことがあります。

IMG_20141116_113451

普段から週刊誌や新聞を購入し読むのが通勤の日課、という方にはコチラもありがたいスペースでしょう。週刊誌ではなくても、電車内で処理しようと思っている資料などを入れておけばすぐ取り出せます。

また、写真では見難いですが、このポケットの下部にはチャックで開ける穴があり、ここにキャリーバッグの取っ手を通して「キャリーオン」できます。

最強のメインポケット

さて、いよいよメインポケットです。

パソコンでもタブレットでも、なんでも来い!と言っているかのような収納能力です。

IMG_20141116_113556

少しフラッシュが眩しいですが、手前にあるポケットがパソコンが入るゾーンです。

実際14インチのノートブックを入れて、反対のアングルから写した写真がコチラ。

IMG_20141116_113709

少々見にくいでしょうか、パソコンを入れてしまうと入り口を広げることが難しくなり、綺麗に中の写真を取ることができませんでした。

IMG_20141116_113818

こちらは、、タブレットなどが入れられるスペースです。

実際に入れてみるとこう。

IMG_20141116_113923

IMG_20141116_114040

大きさ的には、下のようにB5のノートも入れることができ、10インチタブレットなら余裕で入るようです。

IMG_20141116_114536

B5ノートもすんなり。

また、マウスやACアダプターが入りそうなポケットもあります。

IMG_20141116_114254

IMG_20141116_114313

マウスを入れてみました。少々わかりづらいですね。

IMG_20141116_114515

メインポケット自体の高さは高く、B5のノートが縦にぴったり入ってくれるくらいの高さがあります。ベンチマークとして頑張ればノート30冊ほどを入れることも可能でしょう。

その他感動したこだわりポイント

ポケットじゃない、いろいろと、もっと大切なこだわりポイントが有ります。

IMG_20141116_114425

まず、鞄の内側を見て思うと思いますが、「奇抜な色だなぁ」。これは、メーカーによると「中を見やすくするための色」とのことで、言われてみれば光を当てると反射してよく見やすくなっています。先ほどのフラッシュ写真もそれを表しているでしょう。

IMG_20141116_114330

そして、この何かが入っているポケット。

IMG_20141116_114359

実は、「鞄の中を照らすためのLEDライト」が付属するのです。また、こちらには自宅の鍵などを取り付けることも可能で、好きな様に使えます。この写真のあのポケットも、ライトを入れる専用のポケットとのこと。

IMG_20141116_114814

また、生地自体は防水加工が施されており、チャックも多少締めにくさはありますが防水になっています。大切な機械類を任せるカバンとして素晴らしいですね。

IMG_20141116_115042

IMG_20141116_115100

もう一つ、コチラもなかなか感動したのが、メインとサブのチャックは全てダブルチャックになっています。

今まで使っていたカバンは、何気にダブルチャックではなく、「ほお、便利だな~」と思わせてくれます。

IMG_20141116_115301

鞄の底もしっかりしており、荷物がなくてもきっちり自立してくれます。

足も5本と、底が地面につかないように工夫されています。

Startts社トップページ

Startts社商品ページ

Amazon商品ページ

また、コレの旧モデルも購入可能で、三日坊主の趣味日記さんがレビューされています。

軽くて、弾く。 STARTTS LIGHT Business SLT-53

まとめ

  1. 尋常じゃないポケットの数
  2. 本体は、メインポケットのマチで15センチメートル
  3. またB5ノートを縦でも入る余裕さ
  4. パソコンなどガジェットが全部収納可能
  5. 他にもこだわりポイントが幾つもある

こだわることはやはり大切です、カバンに関してもいいものを持って、それを使っている、というだけで色々と充実しますね。

携帯や端末が複数台入って、なおかつ収容できるものも豊富なカバンを探している、なんて人には絶対お勧めです。今のところ、特に不満はありません。

[スターツ] STARTTS ビジネスキャリーオントート
startts(スターツ)
売り上げランキング: 43,990

分からない事がある?質問しよう!