カナダ、過去3ヶ月以内にエボラ出血熱が流行する国に滞在した人に入国制限。やばくなってきた気がする

Written by Joe
dom_int01

カナダ、入国制限

最近、もう聞いたことのある人はいないでしょう、エボラ出血熱。

10月31日、カナダ政府は、エボラ出血熱流行地域に3ヶ月間以内に滞在した外国人へのビザ発行を一時的に停止すると発表し、即日実施しました。

ただ、医療関係者や、カナダ国民などに関しては入国を受け入れるようです。

国際社会からの批判があるかも

ただ、エボラ出血熱は最大で3週間の潜伏期間があり、それに対して3ヶ月間という期間は長すぎるのではないか、また、

入国を受け入れたカナダ国籍の人がエボラ出血熱感染のチェックをすり抜けウイルスを持ち込んでしまうかもしれない可能性も十分あります。

今回の「水際作戦」は、科学的に考えると、無駄と隙間が多いように感じますね。それに対して、国際社会から批判があるのではないかとの声も上がっているとのことです。

ソース:ガジェット通信

まとめ

  1. カナダ、エボラ感染の可能性の外国人に一時ビザ発行停止
  2. ただこの処分は微妙。批判されるかも

どこかの国がヒステリックになって必要以上の対策を取ると、周りもつられていって…ということも起こりえます。

各国話し合って処分を考えて、協力することが求められてくるでしょう。

ただ、感染したくないですね~、みなさんも気をつけましょう。関心をもつことから始まります。

分からない事がある?質問しよう!