ああもどかしい!御嶽山噴火の影響で、観光協会が安全性をアピールしただけでも「不謹慎だ」批判の声

Written by Joe
20141001143628asda@

安全性のアピールだけでも

この間、御嶽山の噴火が会ったことは記憶に新しいですね。

ですが、その周辺の観光地域は、その噴火による風評被害に悩まされています。

御嶽山噴火のあと、地元の観光関係者が、安全性のアピールをTwitterでしたことがあったといいますが、その時も、励ましの声もありましたが、「不謹慎だ」という批判の声もあったといいます。

御嶽山から10キロメートル以上離れているところであっても、「犠牲者が出ているのに不謹慎だ」などの批判があるのです。

また、「山に登らせておいて犠牲者が出たのだから、観光客が来なくなって当然だ」という、全く筋違いな声も。

風評被害

噴火の影響で、地元で予定されていたイベントなどを中止にしたことも風評被害の一因となり、「マスクがないと歩けないのか?」なんていう問い合わせもあるといいます。

今でも観光協会のページに、観光施設の営業状況を掲載すると一日に数件、不謹慎だという意見が寄せられるといいます。

ソース:ライブドアニュース

まとめ

  1. 御嶽山噴火による風評被害と批判の声
  2. 筋違いな意見も。安全性アピール諸国できない状況

まったく、こういうわけわからない意見を言ってくる輩は本当にアタマが悪いですね。

特に、10キロも離れている地域にもそのような不謹慎不謹慎という意見を送ってくる輩は、その地域が何処にあるのか、などの事をろくに調べないのでしょう。

不謹慎不謹慎と言って自重させようとする文化はあまりいいとはいえない。

分からない事がある?質問しよう!