ストップウォッチも進化の時代。NFC搭載のSVAJ701で、計測結果をノートに書き写すなんて作業はもういらない!

Written by Joe
d0b1af3a-809a-4fbf-cfc4-be32c12b8a9d

NFC搭載でPCに計測結果を即転送可能なストップウォッチ「SVAJ701」

陸上競技や水泳競技、このような、一秒以下で戦いが繰り広げられる世界では、正確なタイム計測が必要になってきます。

ですが、正確なタイム計測をするには、それなりのストップウォッチが必要になります。

そして、そのようなストップウォッチで計測した記録は、毎回ノートに書き写すなりメモするなりしなくてはいけません。

ですが、セイコーの新しいストップウォッチ「SVAJ701」では、もうそんな面倒な作業は必要ありません!

NFCでPCに、計測結果を即転送!

main sub01

こちらが、ストップウォッチ本体と、NFC転送用の別売りの受信機です。

ストップウォッチで計測した内容は、即座にPCに転送することができて、また表計算ソフトなどでの編集が可能になります。

他にも、連続で計測した一連のデータをチャンネルごとに保存して分けることも可能になったとのことです。

また、管理アプリケーションは、Windows7と8に対応し、ストップウォッチ本体の時刻合わせなどの昨日も付いているということです。

価格は、本体が税抜きで13000円、受信機のほうが3500円とのことです。

ソース:Engadget

まとめ

  1. NFCで記録をPCに即保存、表計算ソフトなどでの編集が可能なストップウォッチ
  2. いくつかの記録を分けて保存することなども可能

僕自身水泳を少したしなんでいて、ストップウォッチに触れる機会は多いのですが、毎回毎回手書きでうつすというと、やはり筆記ミスなどが起きてしまいそうで怖いですね。

正確なタイム計測が必要な現場で必要とされそうです。

分からない事がある?質問しよう!