電池持ち、通信速度も向上!「iPhone6、6+」で新しくなった点まとめ

Written by Joe
無題

9日のAppleの発表会

昨日、こんな記事を書いていたのに起きることができませんでした。。

新製品

今回発表された新製品で、取り上げる予定の者は以下です。

  • iOS8
  • Apple Watch
  • iPhone6,6+

Apple Watchに関しては別の記事で書かせていただきます。

iPhone6

新機能

NFC搭載による、「アップルウォレットでの支払い」、という、おサイフケータイのような機能です。

NFCというのは、かざすだけで機器間でペアリングし、通信を擦るというもので、よく知るものでは、Xperiaとソニー製ヘッドホンのペアリングなどで使います。

その、かざすだけの機能で、「アップルペイ」で支払うことに対応しました。

クレジットカード会社との連携が可能で、クレジットカードと同じように使用することができるとのことです。

スペック・仕様

細かい技術的な仕様ではなく、実際の仕様に関わる部分を紹介します。

まず、CPUの処理性能ですが、速度としては25%アップしています。

また、OSも64bitになり、新プロセッサ「A8」の搭載で、今までより早い処理が見込めます。

また、GPSや加速度センサーなどのセンサー周りを司っているコプロセッサ「M8」も刷新され、電力効率の工場と処理の分散をしているといいます。

画面

また、6も6Plusも、どちらも現行のモデルより画面サイズが向上しています。

現行のモデル、5Sが4インチなのに比べ、6は4.7インチ、6Plusは5.5インチと、大幅に大きくなっています。

サイズの参考で言うと、4.9インチがNexus5、6インチがXperia Z Ultra、といったところです。

また、画質の向上、Retina化もしました。

いままでのiPhoneの画質が、1136×640、一般的なスマートフォンがフルHDである1920×1080という画面サイズを採用している中、あまり高くはない画質でした。

ですが、今回発表された「6」でも、1334×750と、フルHDにこそ届かないものの画質が向上しました。

また、6Plusでは、フルHD画質になったようです。

RetinaDisplayも搭載し、広い視野角で高いコントラスト、など「ただ大きいディスプレイ」ではないとのこと。

電池、スピード

また、いろいろな持ちやスピードも向上しています。

6では、連続待受で250時間、音楽再生をしていても50時間は電池が持つとのこと。

Wi-Fiでの通信速度は3倍、オートフォーカスの速度は従来の2倍と、やはりいろいろ「早く」なっています。

まとめ

  1. 64bit化、プロセッサの向上による処理速度のアップ
  2. 今までのよりは画質が向上
  3. ビデオも高画質、高性能化

しかも199ドルって安すぎだろ!!!!

6で2万、6Plusで3万て!!!!

Galaxyに迫るやすさ、感動です

というか発表会で起きれなかったのは本当に遺憾です

分からない事がある?質問しよう!