ドイツ人DJ「Zedd」が自分の曲をドラムカバーした動画が最高に格好いい!

Written by Joe
無題

今世の中はボイスパーカッションで沸いているように感じますが、実際のドラムも悪くないな、と思わせてくれます。

EDM好きにはたまらない?

Zedd – Find You (Drum Cover) ft. Matthew Koma, Miriam Bryant

こちら。

サビの部分なんか、もう何を叩いているのかよくわかりませんがとにかく凄い!

原曲もなかなか好きです。

Zeddとは?

Zeddとは、ロシア生まれドイツ育ちのDJ&音楽プロデューサーで、Skrillexやレディー・ガガとも共同制作などをしているようです。

1989年9月2日にソビエト連邦(現在のロシア)サラトフで生まれる。生まれて間もなくドイツへと家族とともに移った。 両親がともに音楽家だったため、4歳の時からピアノを習い、6歳で初めてレコーディング、12歳の時にドラムを始めた。はじめドイツのロックバンド「Dioramic」で音楽活動をする。のちに、フランスのエレクトロニックミュージックデュオのジャスティスのアルバム『†』(クロス)を聞き、大いに感銘を受け、エレクトロニック・ミュージックの世界を志す | Wikipedia

やはり、すごい人は子供の頃から音楽と関わりを持っているものなのでしょうか、経歴がすごい!

公式サイト:Zedd

まとめ

  1. EDM界の有名DJのドラムカバーがイカす!
  2. 子供の頃からピアノにドラム、レコーディングとガチ勢

 

DJできると楽しそうですよね、パーティーの時などでも。欲しいスキルです。

格好いいと思ったらシェア!↓

分からない事がある?質問しよう!