Gmailのアドレスに、漢字などの非ラテン文字が設定可能に!「お前@こっち.みんな」

Written by Joe
1

Gmail、漢字などが含まれるアドレスにも送受信ができるように

Googleが運営するフリーメール「Gmail」で、扱えるメールアドレスの文字の種類を拡張し、漢字や平仮名などの非ラテン文字に対応しました。

ドメイン名などでは、「.みんな」などの日本語ドメインも登場し初め、URLでも日本語を含むものが増えてきました。

このように、URLも漢字などに対応する中でも、電子メールアドレスというのは、いまで一般常識的に、アスキー文字と呼ばれる、英数字+一部の記号しか利用できませんでした。

しかし、IETF(インターネット技術の標準化を推進する任意団体)は、漢字などの各国の文字が利用できるようにしようという規格(RFC(インターネットに関する技術の標準を定める団体であるIETFが正式に発行する文書))を公開してきました。技術的には可能、そのやり方もできていました。

ですが、やり方があっても、このような「国際化メールアドレス」に対応した電子メールプロバイダが無くては利用できません。

無題

そんな中、GoogleのGmailが、この非ラテン文字をメールアドレスに使用できる、という規格に対応したとのことです。

ただ、まだGmailでこのような漢字アドレスなどを作成することはできず、送受信のみの対応だという。

Googleは、将来的に国際化メールアドレスが作成できるようになることにも意欲的、作成できるようになるのは時間の問題でしょう。

via engadget japan

まとめ

  1. Googleが国際化メールアドレスの送受信に対応
  2. いずれこのようなアドレスの作成にも対応か

 

アザペディア@ジーメイル.コム、というアドレスも可能になるのですね!

まてよ、みんな、というドメインを取得して自分でメールサーバーを構築してメアドを作成したら。。。

お前@こっち.みんな、も可能になるのか!!!戦慄

分からない事がある?質問しよう!