iPhone6Sと5Sの大きさを比較した画像、ギリ片手でも行けそう?

Written by Joe
eye

なんというかZ Ultraみたいだね

iPhone6Sのモックアップと5Sを比較

海外サイトに、iPhoneの次期モデルのうち大きい方、ここではiPhone6Sと呼ぶ、に該当するサイズのモックアップと現行のiPhone5Sを比較した画像がアップされていた。

その画像がこれらだ。

5.5インチのサイズ

iPhone-6-5-5-3D08

みなさんお手元のiPhoneから、そこにこの6Sがあったらどれくらい大きいかを想像してみていただきたい。

やはり大きい、尻ポケットに入れるには少し小柄だが、横のポケットに入れるには少し大きすぎる。こんな中途半端なサイズのものが本当に出るのだろうか?

また、リークされているサイズは縦幅157mm、横幅81mm、厚さ7mmだがこのモックアップの大きさは、詳細には縦幅157mm、横幅78mm、厚さ6.71mmとなっている。

iPhone-6-5-5-3D09

はたして、このいままでにないサイズの液晶、端末。これが、今後どんなユーザーにとって使いやすいUIとして出来上がっていくのか、とても楽しみ。

少なくとも、普通のタブレットのようになってしまうのでは、他の製品との差別化は難しいのでは?と思う。これらを見る限り片手操作は無理そう。

iPhone-6-5-5-3D07

また、あの2mmの電池のかいあってか、今でも薄い5Sよりもっと薄くもなるみたい。薄くて軽くて丈夫で使いやすい、そんなファブレットの位置づけになるのかな。

ちなむと、このモックアップは、リークされている情報を元に第三者が3Dプリンターで作ったもので、別に公式というわけでもありません。

まとめ

  1. 大きい、やっぱりこれは完全にファブレット
  2. むしろ、どんなUIになるのかが楽しみ。
  3. この端末の位置づけはどうなるのだろう。

 

大きいですね。6インチファブレットであるXperia Z Ultraを触ったことがあるのですが、やはり片手での操作は出来ます。出来ますが、できることの範囲が限られています。やはり。

この大きさの端末、需要あるのでしょうか?というか本当に出るのでしょうか??

分からない事がある?質問しよう!