ソニーの大容量モバイルバッテリーCP-F10LSAVPレビュー

Written by Joe
内容物

今まで僕は、あるメーカーのモバイルバッテリーを使用していました。外観がプラスチックだったり、付属のケーブルが作りがしょぼかったことなど不満もありますが、いい品でした。GalaxyTabの専用充電アダプタ、PSP、MicroUSB、iDocなどの規格の端子が付属し、別の付属のUSBケーブルにつなぎいろいろな機器の充電ができるという点に引かれ購入したのですが。。。

なにがあった

今朝、起きたらそれが充電されていませんでした!「なにがあった」と調べてみると、バッテリーを充電するためのコネクタの内部が折れてしまっていたのです。つまり、他の機器を充電することができるが自分を充電することができないモバイルバッテリーと化していたのです!
今日一日は、いままでそれに充電されていた電力でまかなう事ができましたが、早くこの不安な状態から抜け出したいので新しいモバイルバッテリーを購入することに決めました。

いい商品を見つけた!

いろいろ調べてみるとモバイルバッテリーには粗品が多いらしいです。それもかなりひどい。粗悪品や偽装問題についてはこちらの記事が参考になります。
そんななか、信用できるメーカのバッテリーとしてこの商品を見つけました。

CP-F10LSAVP

SONYのモバイルバッテリーCP-F10LSAVPです。

何回充電できるか計算

電池の容量がこれまたすごく、
いろいろな数字が書かれていますが、実用上注目したいのは出力時間のところ。
約100分となっていて、小さく「5V/3.6A出力時」というのが書かれています。これをすべてかけてみると、
5V×3.6A×1.67(100分を時間に直します)=30Whとなりました。

例えば、
acroの電池
こちらは私の使っているXperia acroの内蔵電池です。表記を見るとDC 3.7V 1500mAh 5.6Whという表示があります。
新型のポータブル電源ですが、容量が10,000mAhになっているぞ!ということはこのXperia acroの1500mAhの6.6倍! たぶんスマートフォンが6.6回も充電できるはず!なんて思ってしまうところですが、実はそうではないとのこと。
小学生くらいの時の理科の話を思い出してみると、電圧と電流をかけると電力になるって教わりましたよね。これの場合、内蔵電池容量を見ると「3.7V (typ.5000mAh min 4800mAh)×2」という記載があります。最大容量で3.7V×5A×2=37Wh というのが電池の容量。そして「出力時間」というところを見ると「約100分(5V 3.6A)」というのがあるので、5V×3.6A×1.67(100分を時間に直します)=30Whという計算ができます。
電池容量は37Whで、出力は30Whなの?この差は?というところですが、詳しいところは分りませんが、出力する電圧が5Vに上がっているので、そのための失われる誤差みたいなものなんじゃないかと思います。
こういう計算でいくと、出力できるのは30Whとなります。
Xperia acroの内蔵電池の表記はDC 3.7V 1500mAh 5.6Whとなっています。これも電圧と電流をかけると5.55なので約5.6Whという数字になります。30Wh÷5.6Wh=5.3回。
5.3回
acroならこの回数充電可能というわけです。

デザイン

デザインもつや消しのさらさらしたさわり心地で、素材は分りませんが金属となっていまして(両側面を除く)、落ち着いた雰囲気でした。べとべとしないし、気に入りました。いかにも安物です!ってデザインの、むしろデザインなんて考えてないのではないかというくらいのバッテリーはいやです。
電車の中とかでもスタイリッシュな充電がしたいですしねw

SONYのロゴももちろんあります。このバッテリーのシリーズには5000mAhのものなどいろいろあるようです。

驚いた

モバブユーザーなら一度は考える、効率のよく場所のとらない充電方法。
画期的?
充電しながら充電する、という画期的な!
ですがよく考えてください。よく聞く話、「ノートパソコンは充電しながら使うと電池が弱くなるよ?」これでデスクトップ化したノートPCがうちには2台あります。
また、「PSPなどのゲーム機、充電しながらゲームすると電池によくないよ?」本当によくないらしいので気をつけたほうがいいです。そして、モバイルバッテリーでの上記の「効率的」な方法は電池殺しです。

そしてびっくりしたのが、これの機能なのですが、
「モバイルバッテリーを充電しながらそのモバイルバッテリーで携帯を充電」という行為、これはバッテリーを劣化させるよくない方法でした。ですが、
このバッテリーはそれができるようになっているのです!どういう仕組みか知りませんが、画期的ですね。充電ポートを食わずいい機能です。
僕は心配なので端末とモバブは別々に充電しますけど、こんな機能もあるのです。

早く充電の不要な高性能機種に乗り換えたいです。

あえて不満な点を上げてみる

このバッテリーの文句をいってみたいと思います。

・付属のACアダプタが畳めないんですけど
充電用にACアダプタが付属するのですが、これがコンセントにさすジャックの部分が畳めないのです。
ソニーが作っているものだからたためるなんて大間違い。
そのままかばんに入れるとスマホの画面を傷つけたりなんてことも考えられます。
まあおそらくこれだけ大容量のバッテリを持ち運ぶのに充電用ACアダプタを持っていく人なんていないでしょうが。

・ケーブルの取り回し
USB-MicroUSBケーブルも付属するのですが、長さが30センチほどで、太さも結構あります。4,5ミリあります。
また、Xperia的にはMicroUSB端子がL字型に曲がっていると邪魔にならずありがたいのですが、
こちらはストレートケーブルとなっております。携帯の充電に使うというよりバッテリの充電向けに作られたのでしょう、
太い分大量の電流をながすこともできますし大容量ばってりにはありがたい仕様なのでしょう

・LED分りにくいよ
僕が依然持っていたのは、青色LEDで四段階表示でバッテリの残り電力を表示してくれました。
ですがこちらは、ボタンを押してLEDの点滅3段階で残量を確かめるという分りにくい。。。
まああの鉄のボディにLED用のダサい表示をつけたくなかった技術者の気持ちもわかるような

結局かってな文句と勝手に弁解になってしまいましたが、悪い点も含めて参考にして頂ければありがたいです。

ギャラリー

商品パッケージ商品についていろいろ詳細内容物本体上から本体横から美しいロゴ本体全貌付属品一覧短く太いストレートケーブル折りたためないACアダプタこれを買おうとしている人の参考になれば幸いです。

 

分からない事がある?質問しよう!