Google、ウェアラブル用プラットフォーム「AndroidWear」発表

Written by Joe
無題

腕時計とか眼鏡とか、もうそういうの付けて生きたい

Android Wear発表

Googleは、主にスマートウォッチなどに向けたと思われる、ウェアラブル端末用プラットフォーム「Android Wear」を発表しました。

公式サイト

コレひとつで簡単な作業はスマホいらず

上の動画を見ていただくと分かる通り、GoogleのNexus5のように、「Ok.Google、」と話しかけるとGoogle音声検索が起動したり、

届いたSMSを確認したり、またGmailも同様確認できます。

時刻を表示しながら天気を表示し、スクロールして好きなスポーツチームの試合結果を見ることも。

強化された音声機能

先述した、「Ok,Google,」機能を始めとし、

SMSに対し音声入力で返信しているデモもありました。

小さな画面ではやりにくい、ちょっとした文字入力なんかは、蓄積されたデータから出る正確な音声入力機能が補完してくれるのでしょうか、

こうなったらもはやタッチパネルの存在が必要なくなる日も近いかもしれません。

丸画面と四角画面の2つ?

デモや公式サイトを見る限り、

本来の腕時計のような「丸い画面」搭載の物と、普通の四角い画面搭載のもの、この2つがあるようです。

デベロッパー的には、両方対応させるのは面倒じゃない?四角の方がやりやすいし流行りそう、と思うのですが、

現実はどうなのでしょう。四角画面のほうが丸画面向けアプリなどに対応するのは出来そうです。

アプリなんかとの連携を勝手に予測

こうなると、非常にGoogleNow的で通知バー的で、高機能なロック画面的にも思える時計型ウェアラブルデバイス、アプリとの連携なんかはどうなのかな?

そう思ったので、勝手に色々予測してみました。個人的な希望も含めてですが、スマホのアプリとの連携機能などはどんなものなのでしょう。

  • パズドラ等の攻略アプリ・・・ゲリラ時間などを伝えてくれる通知機能
  • 音楽再生アプリ・・・各種操作ボタンやダイヤルなどで操作するイコライザ
  • カメラ系アプリ・・・ワイヤレスで、本体に触らなくても撮影ができるシャッター機能
  • 乗り換え案内系・・・終電の時間や、感覚の大きい路線の通知

適当にアイデア振り絞ってこのくらいです、発達とともにどんなアプリが出てくるのか楽しみです。

ネットに繋げるために、Bluetoothなどで、同テザリングなどとは別に端末を介して通信できるようになったりするのでしょうか。

まとめ

  1. AndroidWear
  2. 既に搭載端末の開発の発表は各メーカーから出てるっぽい

 

今後に期待ですね。

にしても、

「スマホをさわらないでも簡単な作業は腕時計で」

から

「腕時計をさわらないでも簡単な作業は眼鏡で」

になって、

「眼鏡がじゃまだからコンタクトレンズで」

になって、どんどんスマホいらずになっていってしまいそうで怖いな

分からない事がある?質問しよう!