マレーシア機が緊急着陸、タイヤが破裂

Written by Joe
K10038987011_1404211515_1404211522_01

タイヤが破裂していたため緊急着陸

マレーシア航空による情報ですが、

日本時間で昨日の20日23時すぎ、マレーシアのクアラルンプール国際空港より、インド南部のバンガロールへ向かおうとしていた

マレーシア航空192便が離陸した直後、滑走路でタイヤの破片が発見されたという。

ちなむと、その飛行機の種類はボーイング737型機。

コレを受けて、空港の管制官は192便の機長に対し、空港へ引き返すように指示をした。

192便は指示を受けて、着陸の際の火災を防ぐため、上空で約4時間も旋回を繰り返し燃料を消費、

離陸から約4時間後にあたる、日本時間の3時ごろ、同空港に緊急着陸をしたということ。

結果

けが人や被害に関してですが、

旅客機には乗客乗員合わせて166人が搭乗していたとのことですが、けがなどはなかったようです。よかった。

後の調べで、旅客機のタイヤは右側の1つが破裂していたというようです。

ソースと全文

まとめ

  1. あの有名になったマレーシア航空
  2. 今回と疾走事件とは関係はない模様。
  3. タイヤ一本でも大事故につながる可能性もあった

 

けが人なしとのことです。

それにしてもマレーシア航空の飛行機、疾走した方はどうなってしまったのでしょうか。。

分からない事がある?質問しよう!