日経「上がるよ」株価「下がるよ」投資家・総理大焦り?

Written by Joe
2011041822-1

これはひどいwww誰かが合わせているのでしょうかね

4月11日、「小売業7割が増収増益(今期予想) 増税の影響、下期回復」

これは、日本経済新聞の朝刊トップの1面の記事だ。

増税の影響はそんなに出ない?

要約すると、スーパーや百貨店など小売業の7割が、1年後には業績が増収増益になるといった予想をしており、

増税不況は夏以降急回復する、要するに、「景気はそんな悪くなんない」という内容だ。

日本を代表する大手経済新聞のいうこととあって、多くの個人投資家などはほっと胸をなでおろした。「増税そんな影響でないのね」

実際、それを表すように、この日は個人投資家の信用取引の買い残が大きく膨らんだという。

株価の動きは逆、安倍さんも慌てる

ところが、驚くことに日経平均株価は始値の1万4027円から終値1万3960円へと67円の下落を見せた。

なんと「1万4000円の壁」を割り込んだのだ。

この報道と現実の真逆の違いに誰よりも慌てさせられたのが、安倍晋三首相。首相官邸筋の情報によると、

総理は、株価急落が止まらないことに『いったいどうなっているんだ』と非常に神経質になったあげく、急遽日銀の黒田総裁との会談を実施して

この株価の動きについて説明してもらうことになったという。

日経赤っ恥、今までも

日本を代表する経済新聞、今までの事例とも合わせて報道と結果のギャップがすさまじいという印象が付けられてしまった。

今までの同紙の報道などをまとめると、

  • 4月3日
    「世界株高 リスク回避一服」
    「日経平均1万5000円 NY株最高値圏 米景気回復に期待」
    との報道をし、翌週7日から株価が転落してしまった際も
    「市場では、最近の株高を受けた一時的な反動安と冷静にとらえる向きが多い」
    との強気な見解をしめした。
    しかし、肝心の日経平均はわずか1週間で1103円もの下げを記録
  • “ブラックサーズデー”と呼ばれた昨年5月23日
    前日の株価は1万5627円という6年ぶりの高値水準、
    「途切れぬ株高に、ベテラン証券マンは『こんな相場は、もうなかなか来ないだろう』と話す」
    との記事を掲載した。
    その途端、株価は1日で1000円以上暴落。

ニュースソースと全文はこちら

仕組まれた株価なのかwwww

まとめ

  1. 日経が株価は上がるといった日は下る
  2. 今までも上記のようなでかい事例が
  3. 首相も焦らせてしまう

 

株の世界なんて何を信用できるのかわからない取引なのでしょう。

そんななか、「日本経済新聞」の発言の影響力は大きなものなのかもしれません。

分からない事がある?質問しよう!