ARで雨雲の位置を知れるアプリ「Go雨! 探知機」Android向けに登場

Written by Joe
無題

あれって雨雲っぽい、そんな雲を見つけたことは誰にでもありますよね?

それが雨雲か、ARで簡単に確かめることができるアプリが公開されました

「Go雨! 探知機」

一般財団法人日本気象協会は、ARで雨雲の位置を確認したり、自分の位置を中心とした雨量データを見ることができるアプリ「Go雨! 探知機」を発表した。

ちなむと、読み方は「ごうう!たんちき」だという。

無題

仕組み

国土交通省により整備が進められている最新式レーダー「XバンドMPレーダ」による気象観測網「XRAIN」を利用している。

自分から半径5KM以内の雨量情報を掴んで表示してくれるという。

AR表示

また、位置情報と端末の向きから、Android端末で撮影した画像に、実際の250Mごとのメッシュと、

その範囲の雨量情報をARで表示してくれる機能がある(画像を参照)。

雨雲がどこにあって、どのへんで雨が降っているか分かるというのは面白い。

また、端末のカメラを下に向け、地面を写すと、そこを中心とした雨量情報をレーダーのように表示してくれるという。

過去の雨量情報も見ることが可能とのことで晴れた日でもARを体験できる。

リンク

Android2.2以上の端末なら多くが対応している。Nexus5は未対応だったようだ。

[Android]Download

[プレリリース]記事

まとめ

  1. 日本気象協会が出している、XRAINを使用したアプリ
  2. ARで情報を表示するためわかりやすい

 

雨が振りそうになったらつい使ってしまいそう。

 

分からない事がある?質問しよう!