フィギュアスケートでの不正 五輪の闇

Written by ししまる
sochi01

浅田真央が今夜また奮闘しますが、おそらくキム・ヨナが金メダルでしょう、何故、そんな事が言えるのか

 

浅田真央に対する審判の仕打ち

具体例としては

2.トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと

 

  • キムヨナがフリーで3回も使うダブルアクセルの基礎点が突如3.3→3.5点にUP。加点をつける基準が難しい3回転と同じなので、簡単なダブルアクセルの前後には工夫ができあっさり毎度トリプルループ以上の点に

 

  • トリプルルッツとトリプルフリップの踏みわけが厳格化され、真央が1試合3回使う得点源であり3回転で一番基礎点の高い技トリプルルッツが不正扱いで使う度平均2,3点も減点。修正しない限り組み込めなくなる

 

  • 真央の甘かったシットスピンの認定基準も厳格化。
 しかし真央即座に対応し深いシットスピンに

 

  • 実はキムヨナも3回転で2番目に基礎点の高いトリプルフリップの不正があった。
 ところが何故かキムヨナの不正トリプルフリップだけは見逃され続け驚異の加点
それでも真央が2008年ワールドで優勝してしまう

 

  • その直後、来シーズンから今度は回転不足の厳格化を発表
 更にトリプルルッツを跳べないでる浅田に、浅田の得意な3回転半を除いた
3回転5種類を跳んだ場合のボーナスを出す情報が流れる

 

  • 予想通り真央のトリプルアクセルとトリプルループ、安藤のトリプルループ、特に二人ともセカンドトリプルループが怖いぐらい全く認められなくなる

 

  • ところがキムヨナの得意なセカンドトリプルトゥループだけは決して回転不足にならず初戦のアメリカ戦でトリプルフリップがまた見逃される。しかしVTRではっきりトリプルフリップの不正が映ってしまい、2戦目からエラーではない「!」の注意がつくも、彼女だけマイナスにならず小さいながら加点がつき続ける。

 

  • 真央がトリプルサルコウを克服しルッツもなんとか矯正してくる。対照的にキムヨナはトリプルループが跳べなくなる
 真央が文句のつけようのない演技をしてグランプリファイナル優勝
するといつの間にか5種類ボーナスの話しが立ち消えに

 

  • 五輪シーズン、8月に韓国でルール改正決定。真央の最大の得意技トリプルフリップも、蹴る足がつま先ではなくブレード全部で蹴ってるからと減点に。
 ジャパンオープンで矯正しても不正扱いされ浅田の最後の砦トリプルフリップも減点、しかもいじっていびつになり質が悪化、ついでにトリプルトゥループも減点ジャッジが登場

 

  • 2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループ
 5輪シーズン、彼女のループを2回転含め全て潰す意図が明確に
キムヨナはトリプルフリップの不正は再び注意もつかなくなり、フリーではトリプルフリップを跳ばずに世界最高得点更新

つまり、どういう事かというとある程度キム・ヨナに有利なルールで、また浅田真央に不利なルールに改正されていて、しかし2008年に優勝させるはずだったキム・ヨナが敗れ、浅田真央が優勝しちゃったから今度は本気で浅田真央を潰しに来たってことですね。ニュースですべて基礎からやり直した、と言われていたのはこれに対応するという目的もあったのかもしれないと推測しています。

これでは、プレッシャーがかかって転倒してしまうのも無理はありません

キム・ヨナと浅田真央の実力の差

2

この画像を見てください正直どっちが綺麗なフォームかと言われても違いとか全くわかんないんですけど、浅田真央の方が数段上のフォーム・・・・らしいです。

実際に構成要素の点数でキムヨナ構成点が58点しかないしかも減点なしです。

真央ちゃん62.5減点3点以上です。つまり構成点が65点以上分かりますか。

もう競う前にキム・ヨナが勝てる点数を用意していないのです。これはライバルではないと言う意味なんです。

真央ちゃんがライバルではないと言う意味がそれなんですよ。最初から次元が違うのです戦う場所が違うのです。用意しなくて勝てるという意味ですよ。普通考えられませんね。しかもキム・ヨナは練習しないというのです。

そこで、ルール改正、というわけですね。

ちなみに男子のライサチェックやプルシェンコを超えた点を出しているのもちょっと・・・なんでこんな事がおきるかというとフィギュアスケートの採点にはGOEという審判の気まぐれの点が加算されるんですがそれがキム・ヨナがにはいっぱい入ってるわけです。

それで恐ろしいほどの点を出して喜ぶ・・・ゲームを改造して点数を出してよろこんでいる小学生とやってることは一緒ですね。

なぜ、キム・ヨナを優勝させたがるのか

平昌招致委員会関係者が4日に明らかにしたところによると、国際オリンピック委員会(IOC)倫理委員会が平昌招致委員会に対しIOC規定を順守するよう警告を送った。大韓航空が国際スケート連盟(ISU)と交わした後援契約がIOC規定に反するというのが理由だ。一部欧州メディアの主張を受け入れたものだ。

平昌冬季五輪招致委員会の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)委員長は大韓航空の親会社の韓進(ハンジン)グループの会長で、ISUのチンクワンタ会長が五輪開催地選定の際に投票権があるIOC委員ということを問題視した。

欧州の牽制さえなければISU会長とFISA会長が行使する2票は平昌に入る可能性が大きかった。

http://japanese.joins.com/article/615/134615.html

 

もう、うわぁ・・って感じですね

つまり、韓国と国際スケート連盟との仲がいいんですね、呆れて声も出ませんさすが韓国。

 

最後に

オリンピックという神聖な場でこのような事が行われているというのは由々しき事態です、見てる方もおもしろくなくなってしまいますからね。

分からない事がある?質問しよう!