ヤバイ!インフルエンザが警報レベルに!

Written by ししまる
1111307_99643936

最近とっても寒いですねー、どうもししまるです。

今回は最近流行りのインフルエンザについての記事です。

警報レベルを超える感染

wk_140207in01

都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報値)によると、2月2日までの1週間(第5週)に全国の定点医療機関を受診した患者は17万403人となり、定点当たり報告数は34.44人と警報レベルとされる「30人」を超えた(図1)。

手元の集計では、最も多いのは沖縄県(68.98人)で、2013年第48週に流行レベルとされる「1人」を超えて以降、9週連続の増加となっている。

このほかでは、大分県(60.03人)、埼玉県(47.87人)、佐賀県(45.05人)、長野県(44.66人)、千葉県(42.47人)、東京都(41.18人)、群馬県(41.00人)などで多くなっている。

長野県、東京都、群馬県、三重県(36.00人)、福井県(35.22人)、大阪府(30.26人)などでは、第5週時点で今シーズン初めて全域で警報レベルを超えた。

前週、唯一注意報レベルに達していなかった岩手県も、第5週に16.28人となり、今シーズン初めて全県的に注意報レベルを超えた。

各自治体は「注意報」あるいは「警報」を発表、インフルエンザ予防の徹底を求めている。

インフルエンザ流行拡大、全国の定点当たり報告数が警報レベルを超える 日経トピックス

と、このようにめっちゃ流行ってるみたいですねー

年々感染力が強まってるのでしょうか?

今流行しているウイルス

流行しているインフルエンザのウイルスをタイプ別にみますと、今月2日までの5週間では、5年前に「新型インフルエンザ」として流行した「H1N1型」のウイルスが50%を占めていて最も多く、次いでB型が27%、A香港型が23%となっています。
インフルエンザに詳しい、けいゆう病院の菅谷憲夫医師は「5年前の大流行の際、H1N1型のウイルスに感染しなかった人を中心に流行が広がっている可能性がある。手洗いなど感染予防策を徹底するほか、インフルエンザのような症状が出たときには、大事をとって休むなど、周囲に感染を広げない対策にも努めてほしい」と話しています。

学級閉鎖、休校は5600施設以上に

厚生労働省によりますと、インフルエンザの流行に伴って先週1週間に休校や学級閉鎖の措置をとった保育所や幼稚園、小学校、中学校、高校の数は全国で合わせてなんと5600施設に上り、前の週の1.8倍に増加しました。
施設別では、保育所が48、幼稚園が575、小学校が4127、中学校で718、高校が95となっています。
都道府県別では、神奈川県が最も多く804、次いで東京都が543、大阪府が406となっていて、前の週に比べると、愛媛県と高知県を除く、すべての都道府県で増えています。手洗いうがいが重要ですね

分からない事がある?質問しよう!