任天堂、3年連続赤字か?公式の見解をざっと要約

Written by Joe
view-kyodo-2014011701001638-economy

任天堂は、1月17日、平成26年3月期の連結業績予想を修正し、それに伴い配当予想を修正した。

nifityニュースは次のように述べています。

 任天堂は17日、2014年3月期連結業績予想を下方修正し、本業のもうけを示す営業損益が従来予想の1千億円の黒字から350億円の赤字になると発表した。営業赤字は3年連続だが、岩田聡社長は続投する意向を表明。自身の役員報酬を減額し一定の責任を明確にする。

業績悪化は、年末商戦で、家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」や携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が振るわず、売上高が9200億円から5900億円に急減する見込みとなったため。純損益は550億円の黒字から250億円の赤字になる。最終赤字は2年ぶり。

@nifityより

また、任天堂公式では以下のように記述していますね。

ゲーム業界では1年の中で年末商戦期のビジネスの占める割合が極めて大きく、通期業績は年末商戦の結果次第となりますので、昨年の年末商戦では、販売・顧客層の拡大を目指し、さまざまな販売促進活動に取り組みましたが、結果として、売上高が想定を大幅に下回る見込みとなりました。

  • 3DSの場合

ニンテンドーDSとニンテンドー3DSを除けば、2000年以降のあらゆるゲーム機ハードのピーク時の年間販売台数が400万台に届いていないことを考慮しますと、昨年のニンテンドー3DSの販売台数は、非常に高い水準と言えます。しかし、海外では、年間を通じて有力ソフトを次々と投入したことで市場シェアは上昇したものの、販売数は想定していた水準には届かず、「年末商戦で販売を大きく加速させる」という目標を達成することはできませんでした。

要約すると、3DSにおいては、「ゲーム機自体は売れた、しかし有力ソフトを投入したがソフトがあんまり売れなかった」ということでしょうか。

  • WiiUの場合

Wii Uは、夏以降の有力ソフトの発売や、お買い得なハードセットの販売、欧米ではハードの値下げなどの施策で、年末にある程度の販売の伸びは達成しましたが、販売の勢いを十分に回復するという目標に対しては遠く至らない結果となりました。特に、値下げをして臨んだ欧米地域での年末商戦期の販売実績が大きく想定を下回り、ハード、ソフト共に販売数は、想定していた水準を大幅に下回る結果となりました。また、欧米でのWii Uハード値下げは期初計画では見込んでいなかったため、売上高や利益予想を押し下げる主要因のひとつとなりました。

要約すると、WiiUに関しては「ハード、ソフトともに売れなかったし計画外だった値下げをしたから余計に赤字を促進させる原因となった」といったところでしょう。

 

このほかにも、円安が影響した、研究費、広告費がかさんでしまった、などの原因があるようです。

任天堂公式サイト
「通期業績予想及び配当予想の修正に関する社長会見での冒頭説明」

分からない事がある?質問しよう!